FILE 2    
■ ■ ■   礼法と基本動作  ■ ■ ■


  ■ 姿勢


正しい姿勢が、技の上達を助ける

 柔道にも、基本的な姿勢・動き方がある。これを正確に身に付けることが、技の上達につながるのだ。
まず姿勢だが、「自然体」と「自護体」という基本がある。自然体は、全身の力を抜き、両足のかかとに体重を均等にかけて、自然にまっすぐ立つ。これが立ち技の基本。そして自護体は、腰を落として相手に投げられないようにするものだ。どちらもそれぞれ3種類ある。

●自然体●
両足を肩幅くらいに開い
て自然に立つ
自然本体から、
右足をななめ前に出し
て半身で構える。
自然本体から、
左足をななめ前に出し
て半身で構える。

●自護体●
両足を広く開いて、
腰を落として重心を低くする
自護本体から、
右足をななめ前に出し
て低く構える。
自護本体から、
左足をななめ前に出し
て低く構える。


※ 『柔道 (Jスポーツシリーズ 5)』(旺文社)より許可をいただいて転載させていただいております。

■バックナンバー
 基本の準備運動・ストレッチング
 柔道衣とそのあつかい方
 礼にはじまり、礼に終わる